FC2ブログ

All archives    Admin

11月≪ 2018年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008'04.10 (Thu)

なんだかなあ。。。

今日は夕飯日記ではなくて、普通の日記。

今、施設では具合が悪い人が多い。
そして、いろんな意味で大変な人も多い。(認知症の重要度があがっているから)
なんかねえ、本当に野戦病院みたいな感じなの。

どうしてそうなるかといえば、治療をしないお年寄りに対して病院が受け入れないから。
医療費が上がってるとかいろいろ言われてるでしょう?

だからね、施設としてもどの状況で病院に搬送するのかが今まで以上に難しい。
だけど、入院するかしないかは別にして、まずは病院で診察してもらえば良いのになあって思う人達もたくさんいるんだよね。

老健だから医者は常駐しているので、本当に最低限の医療は受けられるけど。
でも、病院の判断と治療には足元にもおよばないわけ。

施設の医者にしてみれば、今までいろんな利用者さんのことで地域の病院に受け入れ要請をして一人の利用者さんに対して何十件も断られてきている経験があるから。
病院に送ることに臆病になるのもわかる。

だから、施設内でなんとか状態が落ち着かないかって頑張ろうとするのもわかるんだけど。。。
それも、限界ってものがあるじゃない。
あと一日早く搬送していれば。。。って思うことが今日あった。

そして、あの時もっと早く気が付いていれば。。。って思ってしまう。
この仕事をしていれば、いろんなことがあるし。
今までもいろいろと経験はしてるけど。
今日の出来事って久々にドーッと落ち込む感じ。
あの時、あの時って思っちゃうんだよね。。。

長生きをするって本当はとっても良いことのはずなんだけどなあ。


こういう所で書くことじゃないかなあって思いつつ。
なんだか書かないと気分がすっきりしなくて書いちゃった。(/--)/
スポンサーサイト
 |  普通の日記  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

笑顔は忘れちゃダメだよ♪

ヒトは医療技術の進歩によって、飛躍的に寿命が延びているよね
延命可能な状態であれば、本人の意思とは無関係に延命・・・
でも、延命は出来ても、老人が健康体に戻るまでの技術は、今のところ無いよね
自分の父親が脳梗塞と痴呆症で壊れていく過程を見守っていて
心が逝ってしまった後の、抜け殻を延命することの意味について考えさせられました
きっと、正解の無い問題なんだろうね
・・・だからかな?(^^;
仏教徒じゃないけど、輪廻転生は信じたいと願ってます

ところで、「功殻機動隊」というTVアニメを観たことある?
レンタルDVDで見つけたんだけどね(笑)
舞台が近未来なんだけど、科学の進歩と共に、医療技術も進歩していて
義足や義手は義体に発展し、電脳という脳を補佐するものまで出現するんだよね
やはり、肉体というのは「心」を入れる為の器なのかな?と考えさせられたけど
近い将来、実現しそうな気がしたよ

あ、そうそう、「老人Z」というDVDアニメも面白かったよ
少し古い作品なんだけどね
自分が介護される身になる頃には、きっと、こうなるんだろうな~と
笑いながら、観れたよ (^^b
すーぱぱ | 2008年04月14日(月) 23:01 | URL | コメント編集

e-241すーぱぱさん
やっぱりコメント残しておくね!
正解は確かにない問題なんだよね。
だけど、その人がその人らしく長生きすることは良いことだと思う。
確かに、いろんな事情で生かされている人も多いのは事実。。。
いろんな過程をたどってどうやって生きるか・どうやって亡くなるかが決まった人ならどういう状態でも良いと思うの。
でも、助けられたはずって(その後もその人らしく生活できると想像できるから)思っているのに、駄目だった時ってとっても辛い。

「攻殻機動隊」知ってるよぉ。
心の器ねえ。。。
こういう仕事をしてるとね、人が亡くなる本当に寸前(1日~2日前くらい)に「あ、この人はここにはもういないなあ。。。」って感じることがあるの。
体は生きてるんだけど、心とか魂(?)みたいなものがなくなってる感じがするんだよね。
「老人Z」、オットが知ってた(*^m^*)
さらら | 2008年04月16日(水) 00:01 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。